文通コミュニティ葉小舟

利用規約

★会員の皆様が、安心して快適に楽しく文通できるよう、健全なご利用をお願いします。


第1条(規約の範囲)
本規約は、文通コミュニティ葉小舟事務局(以下、運営者)が提供するサービス(以下、本サービス)の利用について定めたものです。

第2条(会員登録)
1.本規約に同意の上、所定の入会手続きを完了後に運営者が承認した方を「会員」として登録します。
2.会員は本規約を遵守の上、本サービスを利用するものとします。
3.入会の手続き等により支払われた代金は返金いたしません。
4.会員の登録事項に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の手続きを行うものとします。手続きがなされなかったことにより何らかの損害が生じたとしても、運営者はその責を負わないものとします。

第3条(会員情報)
1.運営者は、会員の個人が特定できる情報(氏名・都道府県以外の住所・電話番号・メールアドレス等)を他の会員に一切公開しません。
2.会員の個人が特定できる情報は、プライバシーポリシーに従って運営者が管理します。
3.警察、裁判所またはこれらに準じた権限を有する機関への開示が相当であると運営者が判断した場合は、当該会員の同意なく開示します。

第4条(会員番号の管理)
会員は、運営者が指定する仮想住所の番地となる会員番号を使用して本サービスを利用します。会員は、会員番号の使用及び管理について責を負うとともに、使用上の過誤または第三者による不正使用等について、運営者がその責を負わないことに同意するものとします。

第5条(禁止事項)
本サービスを利用するにあたり、会員の以下の項目に該当する、またはそのおそれのある行為を禁止します。
(1) 他の会員または第三者を不快にさせる迷惑行為
(2) 公序良俗に反する行為
(3) 犯罪行為に結びつく行為
(4) 法令に反する行為
(5) 本サービスの運営を妨げ、あるいは運営者の信用を毀損する行為
(6) 営利、非営利を問わず、あらゆる売買、勧誘等の行為
(7) その他、運営者が不適当であると判断する行為

第6条(会員資格の抹消)
以下の項目に該当する場合、運営者は、当該会員への事前通知や承諾なく会員資格を抹消し、当該会員の本サービスのすべての利用を停止します。これにより何らかの損害が生じたとしても、運営者はその責を負わないものとします。
(1) 会員の登録情報に虚偽の事実が認められた場合
(2) 本サービスや会員資格を不正に利用した場合
(3) 本利用規約第5条(禁止事項)に該当する行為が判明し、運営者が不適当であると判断する場合
(4) その他、運営者が不適当であると判断する場合

第7条(サービスの中断、停止)
以下の項目に該当する場合、運営者は、会員への事前通知や承諾なく本サービスの一部もしくは全部を中断または停止することがあります。これにより何らかの損害が生じたとしても、運営者はその責を負わないものとします。
(1) 本サービス上のシステム定期保守、更新ならびに緊急事態発生の場合
(2) 火災、停電、天災等による不可抗力その他不測の事態により、本サービスの提供が困難な場合
(3) その他、運営者が本サービスの提供が困難であると判断する場合

第8条(サービス内容の変更、中止)
運営者は、会員への事前通知や承諾なく本サービスの内容を変更または中止することがあります。これにより何らかの損害が生じたとしても、運営者はその責を負わないものとします。

第9条(会報誌等の内容)
1.以下の項目に該当する場合、運営者は、会員への事前通知や承諾なく会報誌等の投稿内容を変更または削除することがあります。これにより何らかの損害が生じたとしても、運営者はその責を負わないものとします。
(1) 本利用規約またはプライバシーポリシーに反するものである場合
(2) 本利用規約第5条(禁止事項)に該当する場合
(3) その他、運営者が不適当であると判断する場合
2.本サービス上で、会員の投稿内容に知的財産が発生する場合、当該権利は運営者に無償で譲渡されたものとし、運営者に帰属するものとします。
3.本サービス上の記事、写真、イラスト等、内容の無断転載及び再配布を禁じます。

第10条(規約の変更)
1.運営者は、会員への事前通知や承諾なく本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用は変更後の利用規約によるものとします。
2.変更後の規約は、運営者が別途定める場合を除き本サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第11条(免責事項)
1.運営者は、会員同士、会員と第三者、あるいは第三者同士のトラブルに対して、その責を負わないものとします。万一、トラブルが発生した場合、運営者を含まない当事者による費用と責任において解決するものとします。
2.運営者は、日本郵政や配達業者の配達過程で起こった事故、不測の事態による会報誌等の紛失、遅延等について、その責を負わないものとします。

第12条(準拠法、合意管轄)
本サービスに関するすべての紛争は、準拠法として日本法が適用され、事務局の所在地を管轄する地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

平成24年10月1日 制定・施行
文通コミュニティ葉小舟事務局